新生銀行カードローン レイクから70万円借りる

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 口座開設 不要

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み

※ インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


お電話による契約申し込み

自動契約機による契約申し込み

郵送による契約申込み


70万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 1〜500
万円
★★★☆☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆


すぐ借りるQ&A

連帯債務と連帯保証の違いについて
住宅ローンを借りて家を建てるとき、世帯主の収入だけでは借り入れ条件を満たせないので奥さんの収入を合算して住宅ローンの審査をパスすることがあります。 このことは珍しいことではなく、特に若い夫婦が自宅を建てるときなど真っ先に越えなくてはいけない問題ではないでしょうか。 奥さんの収入も併せて住宅ローンを申しむとき2つの方法があり、一つは夫婦で連帯債務者になり一つの債務に対して債務者が2人、つまり、ご主人と奥さんが債務者になる方法です。 もう一つは奥さんが債務者たるご主人の保証人になる連帯保証があります。 連帯債務と連帯保証は住宅ローンの返済義務を負う、という点では違いがありませんが、その中身は若干違いがあります。 前者は同等の権利義務の債務者が2人ということになり、金融機関としてはいつでも返済請求をすることができ、この点は連帯保証はあくまでも保証人ということで債務が滞っていることで債務の求償権が発生します。 実際は、金融機関が期限の利益を喪失する以前に、夫婦であれば対処するはずですが法律的にはこのようになるでしょう。 また連帯債務であれば債務者はそれぞれ住宅ローン控除を受けることができますが、連帯保証では保証人はそれを受けることはできません。 文言からすると大きな違いはないように思えますが、法律的にはこのように大きな違いがあります。 逆に考えたらこの違いをうまく利用できることもできるはずで、ローンを組む前に金融機関とよく相談し自分たちに最適な条件で契約することをお勧めします。